50歳以上に必要な求人情報を徹底分析

*

50歳以上の求人を掴むコツとは!?

1 自分自身の分析をしっかりとやってみること

 50歳以上で仕事を探しているのでしたら、どうして自分が仕事をしたいのかをしっかりと考えましょう。自分と、自分の周りの現状分析をすることがとても大切です。50歳になると、一般的な定年である60歳までわずかあと10年余りとなり、自分が思っているような求人がなかなか目につかなくなってくることが多いとされています。ただ、その中でももちろん優良と言われる仕事場はたくさんありますから、諦めずに探していくことを心がけていきましょう。

 50歳を超えて仕事を探すからには人それぞれで何か理由があるでしょう。金銭面や、時間を持て余したくないから、持っている能力を生かしたいなど様々な理由を抱えて仕事を探していることかと思います。最近の50歳は、まだまだ健康的で若々しい方も多いですが、人によっては50代で仕事を辞め、その後は完全リタイアをして、残りの余生をゆっくりと生きている人もいます。そんな人もいる中で、どうして自分は仕事を探すのか、どのような仕事がしたいのか、あるいは見つけたい理由とは何かを考えてみまるのも良いかもしれません。

2 積み上げた能力には勝らない

 自分自身の分析をしてしっかりと把握できたら、今度は「アピールできる強み」を見つけていきましょう。50歳以上になれば、人生半世紀以上生きているという事ですので、それなりの人生経験を積んできているのではないでしょうか。

 仕事上の経験だけではなく、プライベートな事であっても、必ず何かしら誇れることがあるはずです。30代、40代ともまた違った大人の落ち着きがあるでしょう。そして、子供がいる人も、子供が大きく成長をしているので気持ちの面での余裕が出てくる頃であるのではないかと思います。

 50歳以上が就職時にアピールできることは、今までの人生経験で得た落ち着きや物事をやり遂げる能力です。どんなに沢山の資格や能力をもっている若い人であっても、人生経験により積み上げた能力には勝らないことがあります。今までの経験からわかるノウハウもあるでしょうから、仕事経験や人生経験についての話を交えながら、面接などでアピールすることができるといいでしょう。

3柔軟な能力があるかどうか

 就職、転職成功者の共通点として挙げられることは、新しい仕事に対応できる柔軟な能力があるかどうかと言うことが言われています。初めての職場になじめるかと言うことがとても大切になります。50代は、新しい職場に入ったときに自分よりも若い人が多いです。半世紀ほど生きている50歳以上の年齢になると、豊富な人生経験がありますよね。
 
 沢山の経験があるからこそ、自分なりのやり方を貫きたいと考える人が多いです。今までの仕事のやり方を捨てきれずに、新しい職場になれない人もいます。一度仕事を始めても、新しい仕事場でもめ事を起こしてしまったり、周りとうまくなじめずにいるような50代以上の人は少なくありません。

 企業側としては、しっかりと仕事をこなしてくれたとしても、今までの職場の雰囲気を壊されるのはあまり気持ちがいいものではありません。50歳以上であれば、今まで持っている経験を生かし、大人として自分で考えて、ある程度仕事ができるものだと思われます。この為、自分で考えて、行動することができるのはとても大切です。

 周りと協力をして、新しい仕事場でもやり遂げることができる力をもっているといいでしょう。コミュニケーション能力や、協調性をもっていることをアピールしましょう。

4 簡単に仕事探しができる

 50歳以上の就職活動に、ハローワークを使う人が多くいます。しかし、情報や職業が偏っているという意見が多く寄せられています。

 また、新聞や地域新聞などの紙面を参考にするという人が多いのですが、あまり情報が多くないのが事実であります。50代のみなさんは同じような求人媒体を使用している為、気になる仕事は、すでに誰かが応募をしてしまっている可能性が高いです。申し込んだ時には、すでに希望者が多数集まってしまっていることも多いと言います。

 特に50代で仕事を探したいという人は、求人情報が多く集まっている転職サイトを使ってると良いかと思います。事実、50歳以上を探している企業はたくさんあります。

 そして何より自分が持っている能力や条件に合わせて、検索を絞ることができるので、より簡単に仕事探しができるという特徴があります。50歳以上であるが故に、今更誰にも相談できないこと、転職の悩み、気になる同年代の成功の秘話などが掲載されていますので、目を通してみるととてもためになることも多くありますよ。

5 転職成功者の声から学ぼう

「転職サイトは、50代からの仕事も多く掲載していることに驚きました。今までしてきた仕事での経験を活かせる仕事を探すことができました。」

 50代の仕事の掲載も多いのが転職サイトの特徴です。自分が持っている能力や資格に合わせて、さらに検索をかければ、自分にぴったりの仕事を見つけることができます。

「50代となると、就活の相談をできる人がいないことも悩みでしたが、サイトにはためになる話が多くありました。これから頑張ろうという気持ちになれた事も、成功できた理由の一つかと思います。」

 転職サイトを通して成功者や転職のプロの意見を聞くことができます。周りに相談者がいない人は、成功の体験談を読んだり、話を聞いてもらうだけでも後押しをしてもらえたという人が多くいます。

6 自分の強みを見出し頑張りましょう

 最近の50代はまだまだ若々しい人も多いですね。定年をまじかに控えているという50代であっても、体力や経験を持て余しているのはもったいないかと思います。今ままでの仕事経験から得た能力を生かせる職場は必ずありますので、何よりもあきらめずに仕事を探していくことが大切でしょう。

 最近は、働けるうちに働いておきたいという人もいらっしゃるでしょうし、家で暇をしているのは嫌だから仕事を探している人も少なくはありません。理由はどうであっても、仕事を探したいという事に変わりはありませんので、自分の強みを見出して、ぴったりの仕事を探すことができるといいですね。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・毎週1000件以上求人を更新!
・属性は幅広い層をカバー
・会員登録者は406万人以上

公開日:
最終更新日:2015/04/03